マイホーム

気になる住宅の構造・工法を知っておこう

いざマイホームの戸建て住宅を建築するとなると、どの工法で施行するべきなのか、最適の選択肢は何なのかは非常に気になるところです。ハウスメーカーによっても得意としている工法は違うので、どのような住宅でマイホームを建築したいのかをイメージすることは大切です。理想を反映させた青写真を描き、どの構造でどの工法を選択すれば良好な結果が見込めるのかの方向性を明らかにすることが大切になります。そこで、ここでは関心が高い住宅の施工法や構造などについて、基礎的事項をご紹介します。まず、多くのハウスメーカーが採用しているのが、木造住宅の軸受け工法です。これは柱と梁で住宅の基本構造を形作りし、壁面にX型の筋交いをいれて耐震性を補強するものです。柱や梁の位置を調整しやすいので、間取りの自由度が高く、将来のリフォームも可能です。デメリットは、シロアリ被害対策が必要になること、現場施行のため職人の技術により仕上がりに差が出ることです。2×4工法は北米発祥の建築方法であり、2×4インチの断面寸法の木材で汲んだ枠に合板を合わせて壁面を作るというものです。2×4工法は軸受けに比べて、窓などの配置の自由度が低いというデメリットがありますが、構造が単純で囲う面が少ないので、職人による品質のばらつきを回避できます。ユニット工法とは、鉄骨造の住宅の工法のひとつであり、ユニットの大部分を工場で生産させておくという特徴があります。ユニット工法は、工場でユニット生産したものを現場で組み立てるだけなので、仕上がりが安定し、鉄骨造ならではの耐震性を発揮できます。プレハブ工法とは軽量鉄骨造で採用されている工法のこどで、現場での加工や施行を行うことなく、予め壁面や床などを作っておき現場で組み上げると言うものです。プレハブ工法では、経験や技術に左右されないで安定した品質の住宅を作り上げることができるのがメリットです。ボルトやナットを使いながらくみ上げるだけの、シンプルな作業だからです。RC造は引っ張りに強い鉄筋と圧縮に強いコンクリートを組み合わせた構造で、耐久性・耐震性・耐火性に富んでいるのがメリットです。柱・梁・壁面・床を構成する鉄筋の周りに型枠を設けて、コンクリートを流し込むという工法となっています。重量感があり、強靭という特徴がありますが、RC造ではコンクリートを使用するため躯体自体の重量が重く、地盤改良工事が必要なこともあるので注意してください。また、基礎工事に時間とコストがかかるのがデメリットと言えるでしょう。

関連記事
noimg
コロナ禍で変わる家づくりについて考えてみた

今年のコロナ禍は、リモートワークに代表されるように働き方に影響を与え、住まいと人間のあり方にも大きな変容を迫っているのは確かです。コロナ禍の

記事を読む

疑問
ゼネコンってどんな会社?ハウスメーカーとの違いとは

建築物を施工したり販売したりする事業会社として主要なプレーヤーは、ハウスメーカーや工務店のほか、ゼネコンがあります。いずれも資材や建材を使用

記事を読む

noimg
こだわりの住宅間取りプランを実現するためには

せっかくのマイホームを入手する以上、やはり間取りにはこだわりたいものです。敷地面積をそれほど広く確保できない場合でも、部屋の配置や壁面や出入

記事を読む

マイホーム
家を購入する前に知るべきハウスメーカーごとの価格相場

家を購入する前に価格相場について、概略は知っておきたいところだと言えるでしょう。ハウスメーカーに依頼場合にどれほどの予算が必要なのか、マイホ

記事を読む

noimg
ハウスメーカーで使われる断熱材の種類や性能

ハウスメーカーでは住宅性能の良さをアピールするために、断熱性能のスペックを強調することがあります。断熱性能を高めることで光熱費を抑えることが

記事を読む

noimg
新築住宅に必要な設備とは

新築住宅の建築を検討するときには、住宅の構造や間取り、どの工法を採用するのかなど、家そのもののイメージが先行しがちです。建築費用が予算の大部

記事を読む

noimg
人気の住宅外観デザインのトレンドとは

ファッションのトレンドが毎年のように変化するように、住宅の外観も時代によりトレンドの波があります。過去のトレンドを確認しておくと、1980年

記事を読む

ハウスメーカーの社員
アフターサービスの満足度が高いハウスメーカーとは

一戸建て住宅は完成して入居できれば、それ以降のアフターフォローは不要と言うわけには行きません。入居後に不具合が発覚することもあり、数年程度の

記事を読む