マイホーム

アフターサービスの満足度が高いハウスメーカーとは

ハウスメーカーの社員

一戸建て住宅は完成して入居できれば、それ以降のアフターフォローは不要と言うわけには行きません。入居後に不具合が発覚することもあり、数年程度の時間が経過するなかで欠陥が明らかになることもあり得ます。しかし、最近の戸建て住宅は品質が高く、長期間住み続けることが可能になっています。少なくとも初期不良がない限り、10年ほどは特にメンテナンスも必要なく、安心して居住することができる住宅性能を持っていると言えるでしょう。法的にはどのような形で消費者保護が図られているのかというと、平成12年に施行された品確法という法律があります。正式には住宅の品質確保の促進等に関する法律と言います。一般の方にはあまりなじみがないかもしれませんが、内容としては、住宅の基本構造に関する不具合は、ハウスメーカーなどは引き渡し後10年間は補償責任を負うというものです。住宅の基本構造とは、屋根や壁面・柱など基本構造を構成する部分であり、マイホームの安全性にまつわる箇所のことになります。具体的には雨漏りなどが典型的でしょう。仮に引き渡し後10年以内に、住宅の基本構造に欠陥が発覚したときは、ハウスメーカーや施行会社に対し、施主は損害賠償と無償の修繕工事を請求することができます。このように一戸建て住宅には、品確法に基づいて最低10年間の補償責任を負っているので、どのハウスメーカーでも10年間はアフターサービスが用意されています。逆に言えば満足度も高く長期保証をしているハウスメーカーであるか否かは、10年を目安にするといいでしょう。具体的に長期保証を提供し、メンテナンスや定期点検などを実施しているのは、積水ハウスやミサワホーム、大和ハウスなどです。例えば積水ハウスは、初期保証は30年・長期保証は最長60年となっています。ただし、延長条件があり、10年後との有償点検と修繕工事を施工することが必要です。大和ハウスは初期保証30絵年で長期保証は最長永久となるほどのアフターサービスの充実ぶりです。アフターサービスが充実しているハウスメーカーは、ローコストメーカーに比べてメンテナンスやアフターサービスを手厚くすることで差別化を図っています。アフターサービスは概ね経年劣化が加速する10年以後の期間ではとりわけ重要であり、満足度を左右する問題です。予算面では若干嵩みますが、長期間にわたる安心を得られることを考えれば必要なコストと言えるでしょう。いくらコストを抑えたいからといって、予算面でアフターサービスを軽視するのは賢明とは言えません。

関連記事
noimg
気になる住宅の構造・工法を知っておこう

いざマイホームの戸建て住宅を建築するとなると、どの工法で施行するべきなのか、最適の選択肢は何なのかは非常に気になるところです。ハウスメーカー

記事を読む

noimg
ハウスメーカーで使われる断熱材の種類や性能

ハウスメーカーでは住宅性能の良さをアピールするために、断熱性能のスペックを強調することがあります。断熱性能を高めることで光熱費を抑えることが

記事を読む

noimg
人気の住宅外観デザインのトレンドとは

ファッションのトレンドが毎年のように変化するように、住宅の外観も時代によりトレンドの波があります。過去のトレンドを確認しておくと、1980年

記事を読む

noimg
こだわりの住宅間取りプランを実現するためには

せっかくのマイホームを入手する以上、やはり間取りにはこだわりたいものです。敷地面積をそれほど広く確保できない場合でも、部屋の配置や壁面や出入

記事を読む

noimg
新築住宅に必要な設備とは

新築住宅の建築を検討するときには、住宅の構造や間取り、どの工法を採用するのかなど、家そのもののイメージが先行しがちです。建築費用が予算の大部

記事を読む

マイホーム
家を購入する前に知るべきハウスメーカーごとの価格相場

家を購入する前に価格相場について、概略は知っておきたいところだと言えるでしょう。ハウスメーカーに依頼場合にどれほどの予算が必要なのか、マイホ

記事を読む

疑問
ゼネコンってどんな会社?ハウスメーカーとの違いとは

建築物を施工したり販売したりする事業会社として主要なプレーヤーは、ハウスメーカーや工務店のほか、ゼネコンがあります。いずれも資材や建材を使用

記事を読む

noimg
コロナ禍で変わる家づくりについて考えてみた

今年のコロナ禍は、リモートワークに代表されるように働き方に影響を与え、住まいと人間のあり方にも大きな変容を迫っているのは確かです。コロナ禍の

記事を読む