マイホーム

家を建てるために必要なハウスメーカーを徹底比較します

家選び

一戸建て住宅を建築するとき、どこに施工を依頼するかは重要な問題です。マイホーム建築専門をうたっているハウスメーカーは全国展開していることが多いので、どのメーカーにすれば失敗しないのか気になるところでしょう。一戸建ての家を建築すると一口に言っても、どこに依頼しても必ず同じように想定した仕上がりになるとは言えないのがハウスメーカー選びの難しいところです。どのような家を希望しているのか、予算はどれほど確保できるのか、など、様々な条件を踏まえたうえでハウスメーカー選びをすることが重要です。では、どのようなポイントに留意すれば理想と現実のミスマッチを回避して、理想のマイホームを手に入れることができるのでしょうか。そこで、ここではハウスメーカーの特性を比較しながら、ハウスメーカーの選び方のポイントをご紹介します。ハウスメーカーは会社ごとに構造や工法、設備の充実度・デザイン性などの切り口のどこを重視するか、得意にしているかが違います。そこで、ハウスメーカーと代表的スタイルと自分がもっているマイホームの理想像と比較対象することがまずポイントです。まず構造では、木造にするのか鉄骨造などにするのかという違いがあります。日本は伝統的に木造住宅が主流だったこともあり、住友林業をはじめ、木造住宅をシリーズ化しているメーカーが多いようです。RC増などの鉄骨造は、セキスイハウスのように専門に手がけている場合もあれば、木遺と並んでシリーズ化されていることもあります。基本構造はコストや施工期間・入居後のリフォームなどに影響してくるので、じっくり検討する必要があります。構造との関係で問題になるのが、どの施工法を選択するかという点です。伝統的な軸受け工法を採用しているハウスメーカーが多いですが、地震大国の日本では耐震性はやはり重視すべきでしょう。そこで、木造でありながら、各社独自の取り組みで耐震性など補強する方法がトレンドとなっています。一戸建ての家が完成すると、そこが新たな生活の本拠になります。日常生活を快適にすごすには、各種の設備が適切に設置されていないと生活しづらくなってしまいます。本体の施工価格はローコストに抑えられても、オプションで水回りや空調などの設備を設置しないといけないようでは、結局割高になりかねません。また、家の外観などのこだわりがある場合は、デザイン性も要チェックです。クラシックでモダンな雰囲気のデザインを得意とするハウスメーカーがある一方で、都市型のスタイリッシュなデザインを得意としているメーカーも存在します。このようにハウスメーカーの選び方では、各社の得意分野とトレンドを見極めて判断するのがポイントです。